\即日融資おすすめ1位/

トップページ

「大至急どうしてもお金が必要」
「お金が足りないどうしよう?」

当サイトでは、即日お金が必要だけど審査が不安という方に借りれる即日融資カードローンをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日融資のおすすめ

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

「家族にバレたくない」「職場にバレたくない」「知り合いにバレたくない」とご心配な方へ。WEB審査は誰にも知られずに申し込みが可能です。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

借り入れの基礎知識コラム

キャッシングの融資にかかる年率を見ていくと、客観的に見て、審査時間の長短に応じた設定であるように思えます。



収入証明不要で、即日や何分などのスピード融資を売り文句にしているところより、融資の待ち時間が長いところはそれなりに、低めの金利を用意していることが多いです。



同じ会社でも条件違いで金利の差があったりしますから、よく調べて検討する価値はあるでしょう。



なにより自分に合っていることが大事なのです。



キャッシングを利用するにあたっては社会的な信用度が重視されます。



それでは、就職先が決まっているけれど、今は無職という場合、キャッシングの利用はできるのでしょうか。



やはり、たとえ内定がでていたとしても、大半の業者が無職でのキャッシングを認めていません。



しかし、一部の業者に限っては利用できる可能性があります。



普通、審査の段階で職場の在籍確認をとられ、ある程度の収入がなければ、お金を借りることができません。



ですが、各業者に就職先が決まっている事実をきちんと説明すれば、事情を汲んでもらえるでしょう。



知名度が高い業者から初めて耳にする業者まで、様々な業者が混在しているのが、最近のキャッシング業界です。



業者が違えばサービスや特典も違うので、金利を基準にするだけでなく、利用可能なATMや融資までの時間など、利用条件も頭に入れながらじっくりと業者を選びましょう。



業界大手のサービスの一例ですが、プロミスを利用すると、即日融資はもちろん、早ければ1時間かからずにお金を借りられますし、新規の場合は30日無利息ローンが適応されます。



カードレスにすれば銀行口座を介して借入返済できるので、誰かに知られてしまう心配もなく、便利に使えると思います。



もし、連帯保証人になってほしいと言われても、借金を払う覚悟が無いのなら連帯保証人の求めには応じないほうがいいです。



無下にできない場合もあると思いますが、現実には、主債務者が行方をくらませてしまい、全ての責任を負わされて転落人生を送ってしまう話も少なくないのです。



連帯保証人の責任は決して軽いものではなく、借金をすべて肩代わりしなければなりません。



キャッシングサービスでは保証人を用意立てする必要はないのですが、なんでもキャッシングに頼るような金銭感覚の人とは縁を切った方が身のためかもしれません。



キャッシングとローンとは酷似していて混同して使用する方もいますが、実は異なるものです。



キャッシングとローンの違う点を説明します。



キャッシングは自分が借りたお金を翌月の返済日に一度に返済します。



ローンは借りたお金を数回に分割して返していきます。



給料日までのその場しのぎなどにキャッシングを使うことが多いです。



すぐにキャッシングでお金が欲しい人は、本人確認ができる運転免許証などの書類を用意し、自動契約機を利用して申し込んでみましょう。



それが一番簡単で、審査も短時間で終わるので、急な出費に応じられます。



どの会社でも、借り入れの際には過去の信用状況を調査し、勤務先への在籍確認をして審査を行います。



滞納は厳禁ですし、より安定した収入の確保といった、会社の審査基準をクリアする必要があります。



キャッシングでは返済期日を守らなければいけません。



延滞するといつもの返済額にさらに遅延損害金が上乗せされるので、負担が増えますし、支払いが何度か遅れると、タチが悪い顧客と見なされ(いわゆるブラックリスト)、今後何年かにわたってキャッシングができなくなることもあるのです。



借りるときも便利なキャッシングは返すときも便利で、さまざまな返済方法・窓口が用意されていますから、余裕を持って返済していくことが大事です。



ぜったいに延滞はしない、するべきではないと肝に銘じておくようにしてください。



近頃のキャッシングは時が経つにつれて便利になってきて、スマートフォンで24時間いつでも気軽に借り入れできるので、人気が高まっています。



店頭に行かずとも、スマートフォンがあればどこからでも申込みを行うことが可能です。



Web審査も短時間で受けられますし、契約手続きもすべてスマホ1台のみで可能なのです。



キャッシングの審査で落とされて暗くなってしまったということはないですか?私はそのような経験をしたことがあります。



しかし、がっかりする必要は、全くありません。



キャッシングは再審査が可能となっているのです。



もう一度申請を出すとなぜか合格するケースもあります。



ネット社会がわれわれの生活に浸透してからはパソコンやスマホからでもお金が借りられるため、気軽にいつでも利用することができるようになりました。



また、条件としてキャッシング可能であるのは最低でも18歳以上できちんと定職に就いていて、継続的で安定した収入が見込めるような人です。



キャッシングに関して、必要となる利子は会社ごとで異なっていますので、借りる際には注意が必要です。



できる限り少ない利子で借り入れ可能な会社を探して見つけだすことが大事なプロセスです。



現金融資はカードを使って行うのがほとんどですが、近頃では、カード持参なしで、キャッシングを利用することができます。



ネットによりキャッシングの申込をすると、銀行の口座に振込みしてくれるのです。



カードがなくして慌てる心配がありませんし、迅速にキャッシングを利用することができるでしょう。



直接会うことなく、ネット上で進められる申し込みでは、店舗や自動機などに手向かずにカードローンの契約が済むWEB完結の申請のやり方を使用可能なところが少なくありません。



もし、WEB完結で手続きを行うと、身分証明書とか収入証明書を提出するのも、デジカメやスマホで撮って、データを添付して送信するだけで完了します。



また、他の方法なら在籍確認をするのに勤務先に電話があるものですが、職場にいることが分かる資料を提出するだけで良いので、職場に人がいないときでも在籍確認に時間を取られずに契約ができるでしょう。



貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス