\即日融資おすすめ1位/

トップページ > 東京都

「今日中にどうしても現金が必要」
「でも、親や友人には借りたくない」

当サイトでは東京都で即日お金が必要になってしまったという方に、人気の即日融資をご紹介しています。土日祝日でもOK!で、今日中にお金を借りたいなら、即日融資・即日審査に対応している安心・安全の大手消費者金融でのキャッシング(※最短1時間で融資)がおすすめです。しかも、コンビニATMからなら土日祝日も借り入れが可能なのです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日融資のおすすめ

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

「家族にバレたくない」「職場にバレたくない」「知り合いにバレたくない」とご心配な方へ。WEB審査は誰にも知られずに申し込みが可能です。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

借り入れの基礎知識コラム

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますが銀行の提供によるものと、消費者金融の提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、銀行と比較すると、消費者金融のキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。

消費者金融のキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、即日融資もあるので急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

これに対して消費者金融というのは貸金業専門となりますので利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

消費者金融と銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外にも為替や証券取引など様々な商品を扱っています。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲の中で借り入れや返済を繰り返し行うことができるキャッシングローンです。

決まった日時に借入残高の利息が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

最初は躊躇してても、一度カードローンを利用してみると手軽に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

そんな利用法だと、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。

銀行以外に、消費者金融やクレジットカードでキャッシングするという方法があります。

昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で利益を上げています。

銀行の金利と消費者金融の金利を比較した場合、一般的には消費者金融の金利の方が高いと言われています。

ただ、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、一概に消費者金融のほうが銀行カードローンよりも金利が高いとは言えないのです。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンには消費者金融のキャッシング、銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制があります。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

近頃の消費者金融といえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい…というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済遅延者には電話やメールにて督促を出します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融に申し込んでも仮審査の段階で落とされてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融のキャッシングの審査は比較的通りやすいので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と呼ばれ、どの消費者金融でも貸し渋りが起きます。


東京都の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス